中村宏治

中村 宏治カメラマン

 

中村宏治 Koji Nakamura プロフィール

1947年 東京生まれ。学生時代にスクーバダイビングを始め、水中撮影と海洋生物の権威、益田一氏に師事。
伊豆海洋公園をベースに、海を学ぶ。29歳でフリーランスカメラマンとなる。

1978年、30歳の時、日本水中映像(株)を設立。雑誌、書籍、映画、テレビ、CM、大型展示映像等、あらゆる分野の水中映像で、多くの作品を手がける。

1981年佐賀県鷹島において元寇海底遺跡を調査撮影。ナショナル・ジェオグラフィック・マガジン1982年11月号「The Lost Fleet of Kublai Khan」を撮影担当する。

1985年日本水中映像株式会社 代表取締役社長に就任。

1989年「駿河湾」の深海から水面までを調査撮影する海外共同プロジェクトをプロデュース。フランス王立海洋研究所の深海潜水艇ノチールに搭乗し、水深800m付近で深海ザメの撮影に成功し、ナショナル・ジェオグラフィック・マガジン1990年10月号に掲載される。また、プロジェクトで撮影された映像はTBSドキュメンタリー番組で放送された。

1994年~2004年までカナダ人映像アーティストGregory Colbert氏による芸術映像展示 「Ashes and Snow」展の水中動画・水中スチルを担当。ベネチア・ニューヨーク・サンタモニカ・東京・メキシコシティ等の特設会場で各100日間公開され、全世界で1000万人以上の人々に鑑賞された。

2013年英国自然史博物館の要請でWildlife Photographer of the Year 2013の審査員をつとめる。

現在、日本水中映像株式会社 代表取締役会長として活躍中。

著書に「サメが生まれた」新日本出版社、「アザラシのカンニングペーパー」マリン企画、「さかなの街」(ジャック・モイヤー博士と共著)「DVDブック さかなの街」1・2・3巻 (ジャック・モイヤー博士と共著) 東海大学出版部、「コブダイ。弁慶の海」「サンゴの森」(キャサリン・ミュージック氏と共著)そうえん社。「アザラシのカンニングペーパー・リローデッド」ibooks、「海底楽園」海游舎、等がある。

 

最近の番組出演歴

フジテレビ「嵐ツボ」VTR出演(2017)

テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」ホントにすごい生き物仕分けサミット スタジオ出演 (2014)

NHK BS「海の日特集 海鳥が飛び クジラが舞う 驚異の大集結」スタジオ出演 (2013)

TOKYO FM「サントリー・サタデー・ウェイティング・バー AVANTI」(最終回)声の出演 (2013)

NHK BS「エルムンド」スタジオ出演 (2011)

NHK BS「ワイルドライフ 海の日スペシャル 地球丸ごと 海の生きもの大集結」スタジオ出演 (2011)

日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」スタジオ出演 (2010)

NHK BS「ワイルドライフ 動物カメラマン・免許皆伝! 沖縄 サンゴの海 魚の楽園に迫る」出演 (2010)

NHK「スマイル四国」 海のちから スタジオ出演 (2010)

日本テレビ「世界一受けたい授業」スタジオ出演 (2009)

 

コメントは受け付けていません。

日本水中映像ホーム   >   中村宏治
ページのトップへ