上田 宏

水産学博士・医学博士 北海道大学名誉教授・公益社団法人北海道栽培漁業振興公社技術顧問。サケが生まれた川(母川)を記憶して川から海に下り、大海原を数年間大回遊し、子孫を残すために母川に回帰して繁殖して死んでいく不思議を、嗅覚による母川のニオイをかぎ分ける能力、ホルモンにより母川のニオイを記憶して想起するメカニズム、バイオテレメトリーによる回遊行動についてお話しします。
専門分野魚類生理学(感覚神経生理学・神経内分泌学・行動生理学)

経歴・プロフィール

1951 年
札幌生まれ
1980 年
北海道大学大学院水産学研究科博士課程単位取得退学 水産学博士
1981-82 年
日本学術振興会奨励研究員(北海道大学・基礎生物学研究所)
1983-91 年
産業医科大学助手・講師
1989 年
医学博士
1985-87 年
米国ウースター実験生物学研究所研究員・米国NIH奨励研究員(ノースカロライナ大学)
1991 年
北海道大学水産学部助教授(洞爺湖臨湖実験所)
2001 年
北方生物圏フィールド科学センター・大学院環境科学院教授
2016 年
北海道大学名誉教授・公益社団法人北海道栽培漁業振興公社技術顧問

主な実績

  • 講演 能登里海研究所里海セミナー・うみとさかなの科学館『サケとフグの不思議:ニオイで産卵場に帰る?』(2017年)
  • 講演 北海道大学最終講義・北海道大学大学院環境科学院(札幌市)『サケの不思議に挑んだ40年間の研究』(2017年)
  • 講演 あさひかわサケの会会員総会記念講演・旭川神楽公民館(旭川市)『サケが生まれた川に帰る不思議』(2017年)
  • 講演  UHB大学一般教養講座・道新ホール(札幌市) 『サケの母川回帰の不思議』(2016年)
  • 講演 平成28年度さけます関係研究開発等促進会議研究部会・ホテルライフォート札幌『生理活性物質投与による高回帰性サケ創出の試み』(2016年)
  • 講演 平成27年度北海道大学大学院地球環境科学研究院公開講座・北海道大学大学院地球環境科学研究院(札幌市)『サケが生まれた川に帰る謎』(2015年)

主な書籍

  • 『サケの記憶:生まれた川へ帰る不思議』 東海大学出版部 2016年
  • 『サクラマスは魚道遡上のスペシャリスト』バイオロギング2動物たちの知られざる世界を探る(日本バイオロギング研究会編)京都通信社 2016年
  • 『回遊行動』水産海洋ハンドブック第3版(竹内俊郎, 中田英昭, 和田時夫, 上田 宏, 有元貴文, 渡部終五, 中前 明, 橋本 牧編) 生物研究社
  • 『三陸のサケ:復興のシンボル』上田 宏編著 北海道大学出版会 2015年
  • 『Physiology and Ecology of Fish Migration』Ueda H, Tsukamoto K. eds. CRC Press 2013年

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談は、電話・FAX、メールにて無料にて承っております。お気軽にお問合せください。

お問い合わせ
日本水中映像
ページのトップへ